入れ歯の悩み事とは

入れ歯は年寄りだけのものか

入れ歯は価格よりも技術重視

自分の歯に合った入れ歯を作ることは、食べ物が美味しく味わえるだけでなく健康面でも非常に重要です。合わない歯は胃や消化器を痛め、場合によっては頭痛さえ引き起こしかねません。歯科医選びを上手に、噛み合わせ良いものを作ってもらうのがベターです。加齢によって歯茎も痩せていき、その都度の微調整も必要不可欠です。いきなり高額な入れ歯を作ってしまうよりも保険適用の物でもよいので、その技術力の見極めが何よりも大事になってきます。

入れ歯について知っておくこと

入れ歯はブリッジやインプラントと並ぶ義歯のひとつです。近年ではインプラントの人気がありますが外科手術が必要なため、抵抗のある人や費用の面のメリットから多く選ばれる治療法です。メリットは費用の他、治療期間が短い、壊れても簡単に直せることがあります。保険適用のものと適用外のものがあり、相場は前者で5000円から15000円程、後者は15万から60万程です。装着感や見た目の違和感について言われる入れ歯ですが、自費のものではさまざまな素材が選べることで自分にあったものをつくることができます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の受付で重要な挨拶 All rights reserved