歯医者の活用法とは

歯医者を好きになるために

歯医者になるためには

歯医者さんになるためには、大学の歯学部歯学科で6年間の歯学に関する専門的な勉強と技術を学び、卒業後に受験資格が得られる歯科医師国家試験に合格し、さらに厚生労働省に登録することで、初めて歯科医師になることができます。 歯学部では解剖学から放射線など歯学だけでなく医学全般的なことを学びます。そのため、私立大学の場合は6年間の学費は数千万円にも及び大変高額ですが、国公立大学の場合は1千万円以下で就学することができ、私立に比べて安価です。

痛くない歯医者さんで治療しよう

歯医者さんのイメージは、ドリルの音がしたり、痛いイメージがありますが、技術の進歩と共に痛みが少ない治療がされています。注射も脱脂綿に麻酔薬を湿らせてあてるだけのものもありますし、レーザー治療によりほぼ痛みを感じることなく治療を受けることが可能となっています。レーザー治療は、歯周病予防にも効果があり、新しい設備を導入している病院が増えてきました。治療しないままだと悪化してしまいますので、最新の設備をもった病院に行くことをおすすめします。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の受付で重要な挨拶 All rights reserved